研 究

K.A
王子ホールディングス
イノベーション推進本部 紙パルプ革新センター
2018年入社
工学研究科 総合工学専攻

現在の仕事

段ボールやティシュ、書籍用紙、コピー用紙などの紙全般を対象に、紙薬品の面から品質向上や生産効率の改善に取り組んでいます。紙によって求められる品質(例えば強度、撥水性、肌触りなど)は様々であり、目的とする品質を発現させるために多様な紙薬品が使用されています。これらの薬品の最適な種類や添加量、添加順の決定を行うことで、生産性と品質のバランス向上に繋げています。一方で、紙薬品が原因となり品質の低下や生産効率の低下などのトラブルを招くことがあります。その際には実際に工場に足を運び要因調査や改善対策を行い、工場と協力しながらトラブル改善に取り組んでいます。

キャリアパス

2018年4月〜 イノベーション推進本部 紙パルプ革新センター
紙・板紙製造に関する薬品最適化・コストダウン・トラブルシューティング

現在の仕事のやりがい、印象に残っていること

自分の考えやチームで取り組んできた内容が実を結んだ時にやりがいを感じます。ラボで検討した内容を最終的には工場での生産に適用していくわけですが、それまでには多くの時間や人を必要としながら試行錯誤を重ねますので、一つのテーマが終わった時の達成感はひとしおです。特に印象に残っているのは、入社2年目の時に自分が提案した内容で工場テストをした時です。ラボ検討では良い結果がでても、工場では結果に繋がらないこともありますので、工場テストを行う前は上手くいくのだろうかという不安やドキドキでいっぱいになりましたが、実際に品質改善や生産効率の改善に繋がった感動は今でも忘れられません。

仕事をする上で意識していること、大切にしていること

仕事の優先順位、業務を行う上でのコミュニケーションを大切にしています。わたしの部署では、複数の工場案件を同時に扱うことが多く、どの業務を優先しなければいけないのか、これは本当に必要な作業なのかと常に考えながら、迅速かつ計画的に業務を進めていく必要があります。複数の業務を進める上で必要不可欠なのがコミュニケーションです。コミュニケーションを取ることで、チーム内で効率良く案件を進めることができますし、今まで知らなかった情報や知識を蓄積できることは個人のレベルアップにも繋がるので有意義です。また、チーム内で解決できない内容でも、他部署の方から難題を解決するヒントが貰えることもありますので、自チーム内だけでなく他部署の人とコミュニケーションやディスカッションをすることも心掛けています。

会社の魅力について

王子グループには、様々な知識・経験を有しているプロフェッショナルが多いところが魅力です。王子グループはティシュ、紙のイメージが強いかもしれません。しかし、わたしが勤務している東雲研究所には、水処理事業、粘着材料など紙製品以外の研究をされている方も多く在籍しています。そのため、同じ研究所内にいながら他分野の方の話を聞く機会が多々あり、刺激を受けます。また、会社内には優しい方が多く、上司や同僚と相談しやすい環境にある点も魅力の1つです。

今後の目標、挑戦したいこと

直近の目標は、現在携わっている分野を中心により専門性を高め、自分のできる内容を増やしていくことです。実験結果について上司と相談した時、考えもしなかったアイデアや別の着眼点を指摘され、まだまだ知識・経験不足を痛感することがあります。まずは上司の方々に追いつけるように、そしてテーマを自分主体で行えるように成長したいと思います。将来的には、今の部署で身につけた知識や経験を活かして、他分野にも挑戦していきたいと思います。

休日の過ごし方

スポーツ観戦が好きで冬場はバスケットボール、夏場は野球を中心に観戦することが多いです。最近はあまり会場に行くことはできていませんが、研究所が関東にあるということもあり、職場の同僚や友人とも気軽に観戦しやすいです。他にも有給休暇やフレックスを取得しやすいため、休みを利用して旅行に出かけたり、動物園や水族館、四季折々の景色が良いところを訪れたりと、仕事とのメリハリをつけながらリフレッシュするようにしています。

就活生へのメッセージ

就職活動に限らず仕事もですが、苦手な分野、課題など逃げ出したくなるような壁にぶつかることもあります。すぐに逃げ出していると結果は得られないので、自分自身の成長の機会だとプラスに考え、乗り切りましょう。また、就職活動中には、多くの出会いや選択の機会があると思います。自分の専攻や興味がある分野に特化することは勿論ですが、視野を広く持って様々なことに挑戦してみて下さい。その中で王子グループに興味を持っていただけると幸いです。仕事に真摯に向き合ってくれる後輩を待っています!