研 究

Y.T
王子マネジメントオフィス
イノベーション推進本部
パッケージング推進センターR&D推進室
2017年入社
農学部 生物生産学科(生物システム
応用科学府 生物機能システム科学専攻)

現在の仕事

私の仕事は、再生可能な木から作られる「紙」を使って、新しいパッケージ製品や脱プラ製品を開発することです。近年、プラスチック製品による深刻な海洋汚染が問題となる中、プラスチック製品の代替品として、再利用できる製品や生分解可能な製品などへの需要が高まっています。それを背景に、現在私が所属しているパッケージング推進センターが2018年に新しく研究所に誕生しました。実験はもちろん、市場調査や特許調査、お客様との面談など、毎日さまざまな業務があります。

キャリアパス

2017年4月〜 王子ホールディングス㈱東雲研究所
紙パルプ革新センター
パッケージの研究開発
2018年4月~ 王子ホールディングス㈱東雲研究所
パッケージング推進センターR&D推進室
パッケージの研究開発

現在の仕事のやりがい、印象に残っていること

工夫を重ねながら新しい製品を開発することにやりがいを感じています。大学では遺伝子工学を専攻していたため、紙についての知識はほぼゼロのまま入社しましたが、そこから先輩方に丁寧に指導して頂きました。ただ、紙以外にも、新製品を開発するにあたって新しい技術の習得・勉強も欠かせません。これはチームの誰もが初めて出会う技術であり、上も下も関係なく若手も積極的にアイデアを出し合い、ラボ検討を重ねていきます。試行錯誤の結果、実際に工場で今まで存在しなかったものが形作られたときは、感動とやりがいを感じました。また、開発に携わった製品の紹介のためある企業を訪問した際、学生時代の友人と会うことがあり、自分の製品に関心を持ってもらえて嬉しくなるとともに、社会人としての友人の姿に刺激を受けました。

仕事をする上で意識していること、大切にしていること

「先入れ・先出し」です。これは父が大切にしていることでもあります。私は日頃、今自分がどんなTo Do Listの在庫を抱えていて、いつまでに、どんなクオリティで出荷しなければならないか、というように物流になぞらえて頭の中を整理しており、そのとき軸にしているのが先入れ・先出しのルールです。重要度によっては前後しますが、先に来た仕事をしっかり終わらせていくことで、漏れのない研究開発が行えると思いますし、なにより周りと良い信頼関係が結べると考えています。

会社の魅力について

働き方改革や資格取得奨励制度、育児休暇制度等、働きやすい職場にしようとする会社の取組みが増え、日々環境の変化を感じます。最近では、研究所の制服がリニューアルされ、さらに動き易く、そして格好良くなりました。従業員の小さな声も受け取り、反映されていくのは魅力だと思います。また、休みの日に思いついたちょっとしたアイデアが仕事に役立つこともあるので、フレックスや年休が取り易い環境は仕事のやりがいにも繋がっています。

今後の目標、挑戦したいこと

英語のスキルアップです。想像以上に業務で英語を使う機会が多く、今まで避けてきたことを後悔しています。簡単な英語のフレーズなのに、発音が悪くて海外のお客様に通じなかったときはとてもショックでした。反対に、こちらの意図が伝わるともっとコミュニケーションが取れるようになりたいと、勉強の意欲が上がります。王子では、個人の自発的なスキルアップを積極的に支援する制度がありますので、有効活用したいと思います。

休日の過ごし方

休日は飼っている犬とゆっくり過ごしています。こたつで爆睡する犬を見ていると、のんびりした気持ちになって日々の疲れが癒えていきます。また、研究所は部署の垣根を越えて気さくに話しかけてくれる方が多く、同期や先輩、後輩と外に出かけることも多いです。人生で初めてサッカーを生観戦したり、ハーフマラソンに挑戦してみたり、会社の皆さんの影響で体験してみたことがたくさんあります。最近ではVRを体験して来ました。

就活生へのメッセージ

就活生だったときの私は、環境配慮型の新しい社会を築くため、古くから使われてきた「紙」をアレンジしていくことに興味を感じ、王子にエントリーシートを送りました。今はその興味や好奇心が仕事をするモチベーションになっています。そのため、新しいことに敏感な人、面白いことをいつも考えている人と一緒にお仕事ができたら嬉しいです。学業と並行して就職活動を行うのは大変だと思いますが、皆様ひとりひとりが生き生き働ける会社に出会えますよう応援しています!