技 術

K.S
Kanzaki Specialty Papers Inc.
TDD(Technical Development Department)
2012年入社
生命農学研究科 生物圏資源学専攻

現在の仕事

現在所属している会社はアメリカのマサチューセッツ州にあり、主に感熱紙を製造しています。感熱紙はコンビニやスーパーのレシート、弁当等に貼付する食品ラベル、チケット、宅配便ラベル、医療用画像診断など様々なところで使われており、用途によって求められる品質が異なります。私は開発部門に所属しており、顧客のニーズに応じた品質設計や、新規市場開拓のため、新規材料の探索や塗料配合の検討などに取り組んでいます。また、工場部門と協力して、既存製品の操業性改善やコストダウン、トラブル対応も行います。

キャリアパス

2012年4月〜 研究開発本部 基盤技術研究所(東雲)
配属前工場研修
2012年7月~ 研究開発本部 機能材研究所(尼崎)
感熱紙の開発
2014年7月~ 神崎工場 研究技術部
フィルムグループ
2015年7月~ 神崎工場 研究技術部
紙 グループ
2017年7月~ 本社部門 開発部(尼崎)
感熱紙の開発
2019年5月~ Kanzaki Specialty Papers
TDD

入社の動機

大学で林産化学を専攻しており、紙パルプやセルロースナノファイバーについて学ぶ中で、王子グループが得意とするバイオマス資源の活用に魅力を感じました。紙には多様な付加価値を与えることができ、機能面や価格面で電子媒体とは代替の効かないモノづくりを目指したいと思っています。

仕事のやりがい、印象に残っていること

以前在籍していた神崎工場では、赤黒2色感熱紙の開発に携わりました。感熱紙といえば、レシートやファックスの黒文字の印象かも知れませんが、本製品は熱のかけ方で赤色にも黒色にも発色させることが出来ます。開発中に苦労したのが、赤発色に黒が混じらないように色分離させることです。顧客の求める鮮やかな赤色に発色させるため、王子独自の「マイクロボール」という染料加工技術を用いて品質設計を行いました。テーブル実験から、中規模試作、実機試作、顧客での評価、品質の修正を何度も繰り返し、納期までラストチャンスの試作品でようやく品質合意に至ったことが記憶に残っています。今では生産操業性や品質も安定し、私の関わる機会は減りましたが、市場で使われているのを見かけると、ついつい手に取ってしまいます。工場で働いていると、自分の関わった製品がどんどん市場に出て行っていることが直に感じられ、会社の損益に直結する仕事ができていることにやりがいを感じます。

今後の目標、挑戦したいこと

アメリカでは、言語の違いは当然のことながら、仕事のやり方や考え方も大きく違い、私は目の前の仕事をこなすことに精一杯で、力不足を感じています。まずは現在の仕事環境に慣れて、日々の仕事をこなすだけでなく、自分の考えで仕事を進められるようになることが目標です。また、現職場は開発以外にも幅広い仕事を任せてもらえる環境にあり、今まで経験の少ない製造や営業に近い仕事等にも挑戦していきたいと考えています。

オフの過ごし方

アメリカでは車通勤のため、初めて車を購入しました。休日は少し遠くまでドライブに行ったり、ショッピングモールやアウトレットを巡って買い物を楽しんだりしています。特に、最近日本でも話題になったブラックフライデーからクリスマスにかけては、とにかく割引率が高く、家族向けのお土産を探すのが楽しみです。また、現在は単身赴任のため、子どもに顔を忘れられないためにも、毎日家族とテレビ電話をしており、たわいもない会話をしている時間が一番のリラックスタイムです。

就活生へのメッセージ

王子グループでは工場、本社、研究所、海外事業所など様々な部署で経験を積むことが出来ます。異動する際に転勤を伴う場合でも、寮や社宅が多くの拠点に完備されています。また、働き方改革の推進や、育児支援の充実も図られており、個々人の状況に応じた働き方が可能になってきたと感じています。就職活動で自分のやりたい仕事を考えることももちろん重要ですが、自分にとって働きやすい会社かどうかということも大切な要素だと思います。