営 業

T.I
王子マテリア 白板紙・包装用紙営業本部
2018年入社
経営学部・市場経営学科

現在の仕事

私の所属する白板紙部では、白板紙の生産と販売の管理をしています。白板紙とは、食品、菓子やティシュなどのパッケージ、出版物の表紙等、私たちの身近で様々な用途に使用されている紙です。私は現在、お客様からのご注文の取りまとめ、工場への生産指示、仕上がった製品の配送と、販売状況の管理や分析をしています。お客様と工場の橋渡し役ともなるため、どのようにしたら双方の要望に応えることができるかを考えながら日々業務に取り組んでいます。

キャリアパス

2018年6月〜 富士工場 事務部 生産調整担当
2019年12月~ 本社 白板紙・包装用紙営業本部
白板紙営業担当

仕事のやりがい

お客様と良好な人間関係を構築するのにやりがいを感じます。昨年度までは工場で勤務していた為、社内関係者との業務が主でした。しかし今年度から本社勤務となり、社外の方(お客様)と接する機会が増えました。最初のうちは業務に慣れず、お客様との上手なコミュニケーションの取り方がわかりませんでしたが、日々連絡を取り合うことで良い人間関係を徐々に構築出来ているのではないかと感じています。

仕事をする上で意識していること、大切にしていること

ネガティブな案件こそ、気持ちのこもった対応をするよう心掛けています。お客様の要望に応える為に工場に無理を言うことや、反対にお客様の要望に沿うことができないこともあります。お客様にとって、私は会社の顔であること、工場にとっては私の対応で現場が動くこと、を常に意識しながら、丁寧な対応をするように気をつけています。そういった一つ一つの積み重ねで、より良い関係を築いていけるのではないかと思っています。

会社の魅力について

当社の魅力は、新入社員研修が充実していることです。私の代の場合、2ヶ月間全体研修があり、その後各職場に配属という流れでした。全体研修の2ヶ月のうち、初めの1ヶ月は座学で王子グループ各社について学び、残りの1ヶ月は各地の工場で現場研修をしました。座学研修期間は王子について知るだけでなく、職種間を超えて同期との仲が深まり、工場研修では生産現場についてしっかりと学ぶことができました。入社してからいきなり業務に就くのではなく、きちんと基礎を学んでから業務に就けることは当社の魅力だと感じています。

今後の目標、挑戦したいこと

柔軟な対応ができる、安心感のある営業になることが今後の目標です。定期的に購入される製品以外に、お客様から緊急で注文が入ることも多々あります。緊急注文の対応には、多くの社内外の調整が必要となります。お客様の状況や社内の生産状況により対応が変わってくるため、その時々に応じた取捨選択が大切です。社内外問わず良好な人間関係を築き、幅広い知識を習得することで、よりよい判断ができる営業になりたいです。

休日の過ごし方

外に出かけるのが好きなので、友人とカフェに行ったり旅行に行ったりドライブをしたりしています。学生のときは時間があったため、計画を立てて旅行に行くことがあまりなかったのですが、社会人となり限られた時間の中でより楽しめるよう工夫するようになりました。また、富士工場時代に友人が遊びに来た際、車で様々な場所へ出掛けたことで車に慣れ、運転をする機会が増えました。

就活生へのメッセージ

就職活動をしていると、自分自身を見つめなおす時間が増えると思います。どんなことがやりたいのか、自分にはどういった企業が合うのか、わからなくなってしまうときもあるかもしれません。そういった際には思い切って視野を広げて様々な企業に足を運んでみてください。ありとあらゆる業界の企業に、まっさらな視点で訪問できるのは就活生ならではの特権です。そして新たな発見があると思います。辛い中でも楽しさを見出せるような、そんな後輩と働ける日を楽しみにしています。