研 究

R.U
王子ファーマ
研究開発部
2017年入社
応用化学専攻

現在の仕事

王子ファーマでは木材から抽出した成分を用いて、医療用医薬品、動物用医薬品として開発することを目指しています。私はその中で、医薬品原料・原薬の製造プロセスの開発や、培養細胞を用いて薬効を確認する実験を担当しています。目標とする物性の成分を得るための工程を考え、製造・品質分析を重ねて、より安定的に目的成分が得られるように改良し、また、得られたサンプルを用いて薬効試験を行うことで、物性に応じてどのように薬効が変化するか評価する実験も行っています。

キャリアパス

2017年4月〜 イノベーション推進本部 水環境事業推進室
水処理システムのラボ検討、施設設計
2020年1月〜 イノベーション推進本部 紙パルプ革新センター
製紙工場トラブル原因の解明
2020年8月〜 王子ファーマ株式会社 研究開発部
医薬品、医薬品原料の研究開発

現在の仕事のやりがい、印象に残っていること

まずはモノ作りという観点で、生産拠点と連動した原料製造や、目的成分の精製・化学合成・品質分析等の幅広い業務があり、全体像を意識しながら、イチから開発に関わることができる点にやりがいを感じます。さらに、自ら考えて作ったサンプルが、薬理試験を通して思いもよらない効果を発揮した時はとても嬉しいです。データを基に新たな可能性を議論している時、まだ誰も知らない物事の一端に触れるワクワク感を感じます。

仕事をする上で意識していること、大切にしていること

生産拠点や共同開発先など、様々な人と協力して開発を進めるため、情報共有や目線合わせ、意見交換をこまめにおこなうことを意識しています。研究開発部全体としては週に1回重要トピックについて報告会を実施し、活発な議論を交わしています。さらにその下部のチーム単位では、週に2回ほど簡単なミーティングをおこなって開発計画、進捗の確認等をすり合わせています。自由に動きやすい環境ではありますが、その分情報を共有して方向性の共通認識を見失わないようにすることを大切にしています。

会社の魅力について

王子ファーマは2020年4月に設立したばかりの会社であり、全体としての距離感も近く、比較的自由に研究開発を進めていける、あるいは提案していける風通しの良い風土があります。大きい会社・組織だと事業の全体像が知らされず、作業然とした業務が多くなることもあるかもしれませんが、王子ファーマでは会社運営上のかなり深い部分についても若手社員にも知る機会が多く与えられており、全体の中での自分の業務の役割について認識しながら働くことができるのが魅力です。

今後の目標、挑戦したいこと

まず医薬品を1製品、世に送り出すことを目標としています。そのために医薬品原料や医薬品の製造工程・品質管理を堅牢なものとし、より高品質な医薬品の製造を行えるよう開発を進めたいです。また、木質由来原料の素材開発等の、医薬品に限らない幅広い事業にも取り組んでいきたいと考えています。

休日の過ごし方

コロナ禍のため、機会は激減していますが、テニス、ウィンタースポーツ、登山などのアウトドア系のことをすることが多いです。長期休みには国内旅行でおいしいものを食べに行きます。コロナ禍になってからは自宅で旧友とオンラインでの宴会をしたり遊んだりすることが増えました。テニスは未熟ながらも会社の実業団リーグ団体戦に参加しているため、普段の練習は試合を意識して取り組めています。

就活生へのメッセージ

王子ファーマは、「紙」と「医薬品」という全く異なる領域を結び付けた新しい会社です。
木質由来成分という珍しい医薬品づくりを行う王子ファーマでは、従来の製薬の枠に収まらない様々な知識や発想が必要となります。学生時代の専門分野に加え、新しい領域に対しても積極的に挑戦し、学んでいける方が入社してくれると嬉しく思います。
また、王子ファーマは2020年4月に生まれたばかりの会社であり、これから会社を作り上げる途中の段階でもあります。ともに良い会社を作り上げていけるような、明るく楽しい方が来てくださることを期待しています。